倉庫床 防水工事

query_builder 2022/04/27
ブログ

みなさんこんにちは(^^)/

川口市や足立区を中心に活動をしております

外壁塗装・屋根工事専門店の橋塗装でございます。

本日も続けて、空き倉庫での工事

倉庫床の下地補修・防水工事をご紹介させて頂きます。


こちらが床の施工前となります。

日々の地震等の揺れにより、太く大きなクラックが多数発生しております。


防水工事の施工前に、まずはクラック埋めを行います。

クラックすべてを埋めます。


その他にも下地処理として、

アンカーの切断を行いました。

床からアンカーが出てきている場所は多々あり、

切断しておかないと完成後に躓いたりするおそれがあるので必要な作業です。


下地処理が完了したら、カチコテと呼ばれる材料で、

不陸、目違い、ピンホールの補修を全面に行います。


その後、防水塗布に取り掛かります。

防水塗布は3度塗りを行いました。

滑り止め防止の骨材を吹き付けながら、

防水塗装を進めていきます。

この骨材を、使うか使わないかで仕上がりに大きな違いが生じます。


防水工事の完成です。

骨材の方も仕上がるとこんな感じです。

写真では分かりづらいですが、滑りづらいよう凹凸が機能してくれます。


全体の仕上がりです。


NEW

  • 川口市桜町にて、外壁塗装工事をお任せ頂きました。

    query_builder 2022/06/30
  • 足立区舎人にて足場の解体中です。

    query_builder 2022/06/29
  • 足立区舎人にて、塗装工事が完成しました。

    query_builder 2022/06/28
  • 足立区舎人にて、ベランダ床の防水を行いました。

    query_builder 2022/06/27
  • 足立区舎人にて、木部の塗装を行っております。

    query_builder 2022/06/24

CATEGORY

ARCHIVE