川口市で屋根診断!スレート材が抜けると?

query_builder 2021/12/14
ブログ

みなさんこんにちは(^^)/

川口市や足立区を中心に活動をしております

外壁塗装・屋根工事専門店の橋塗装でございます。

本日は、先日川口市で屋根を調査した際のスレートの抜けついてご紹介させて頂きます!


G様のお宅では、屋根材の抜けが多く見受けられました。

↓屋根全体の写真です。

↓屋根の抜け状況です。


↓屋根材1枚の形状です。

↓屋根材1枚の形状です。

屋根全体の写真でみると、屋根材1枚1枚が小さく見えるかもしれませんが、

逆流による水の侵入を防ぐため、大きめに出来ています。


また、部分的なスレートの抜けが起きると、

↓写真のように材料を留めている釘の頭が見えるようになります。

普段は、重なるスレート材が隠してくれるので釘は見えませんが、

この釘は、材料の下の防水シートや、下地ごと貫いておりますので、

釘周りから水漏れが発生しやすくなります。


違う場所では、スレート材の欠け・ズレにより、

こんな場所も見受けられました。

私も調査時にみることは少ないのですが、

なんと、防水シートが既に顔をだしていました!

G様のお宅で、築22年。

多くの傷みが見受けられましたが、やはり屋根の調査は怠ると怖いです。


屋根にも上がらず、オーバートークで必要以上に、

「早く屋根を直した方がいいですよ!」

という業者も多くいる中で、判断が非常に難しいとは思いますが、

きちんと、屋根上に上がり写真を撮ってもらうことが重要であり、

そのような会社が信用できる会社であると思います。

工事を行う最終判断はお客様ですので、検討材料をしっかりもらった上で判断しましょう。

NEW

  • 暑い夏場での外壁塗装工事 前編

    query_builder 2022/08/18
  • 工事前のご近所様挨拶について

    query_builder 2022/08/17
  • 塗料保管について 後編

    query_builder 2022/08/12
  • 塗料保管について 前編

    query_builder 2022/08/11
  • 塗料の処分について

    query_builder 2022/08/10

CATEGORY

ARCHIVE