雨樋塗装の必要性について

query_builder 2021/12/04
ブログ

みなさんこんにちは(^^)/

川口市や足立区を中心に活動をしております

外壁塗装・屋根工事専門店の橋塗装でございます。


本日も、皆さんのお家にある雨樋について、ご説明をさせていただきます。

外壁塗装工事の際に、「雨樋は一緒に塗装するの?」

というご質問が多くあります。

結論として、塗装をすることは多いのですが、

基本的に、雨樋の不具合は塗装で解決することはありません。


雨樋塗装の目的は、あくまで「美観」です。

もともと強固な素材で出来ている雨樋は、

それだけで非常に耐久性が高いので、塗装をする必要がないように出来ています。

しかし、いつまでもピカピカなわけではなく、経年劣化の古びた感じが出てしまうので、塗装で見えないようにする必要があるのです。

外壁や屋根塗装では、下塗り、中塗り、上塗りと3回塗りが基本なのですが、

雨樋に関しては、3回が基本とは限らず塗装業者によって異なります。

きれいに見えれば良いという事で、

上塗り1回だけの業者もいれば、外壁塗装と同様3回(下、中、上)塗る業者もいます。

美観に関心が無ければ費用が勿体ないため、塗らない方がいいという業者もおります。


因みに、長い期間きれいに雨樋を保ちたい場合は、3回塗りが適切となります。


ただ…重要なのは、

何回塗るかよりも、ケレン等の下地処理をしっかりと行って、

塗料をきちんと密着させる作業の方が大事です。


また、繰り返しになってしまいますが、

保護など美観以外の目的しかない場合は雨樋の塗装は不要です。

あくまで美観にこだわりたい場合にのみ塗装を行うようにしましょう。


NEW

  • 暑い夏場での外壁塗装工事 前編

    query_builder 2022/08/18
  • 工事前のご近所様挨拶について

    query_builder 2022/08/17
  • 塗料保管について 後編

    query_builder 2022/08/12
  • 塗料保管について 前編

    query_builder 2022/08/11
  • 塗料の処分について

    query_builder 2022/08/10

CATEGORY

ARCHIVE