瓦棒屋根の塗装工事 「縦張り屋根と横張り屋根」

query_builder 2021/11/06
ブログ

みなさんこんにちは(^^)/

川口市や足立区を中心に活動をしております

外壁塗装・屋根工事専門店の橋塗装でございます。


本日は、8日から川口市で塗装工事を始めさせて頂く

瓦棒屋根(金属屋根)について、ご紹介をさせていただきます。


瓦棒屋根について~

瓦棒屋根ときくと聞きなじみのない言葉かもしれませんが、

多くのお宅で屋根に使用されております。

正確には、金属屋根の瓦棒葺きといった名称です。


お家によっては、

大屋根がスレート屋根で、下屋根だけ瓦棒屋根と使い分けられているケースも多いです。

なぜ使い分けられるのか。それは、屋根の流れ(勾配)に関係しております。


因みに瓦棒屋根は、流れ(勾配)の緩い屋根に使用されるのですが、それは材料が縦張りだからなのです。

縦張り???張り方なんて見た目だけじゃないの?

と思われる方も多いと思いますが、実は機能面で重要な役割があります。


写真でご説明します。

雨樋(地面)に向かって一直線に水が流れ落ちるのが

縦張りの特徴です。

勾配が、急な屋根でこの縦張りを使用すると、

水の流れに勢いが付き雨樋を飛び越えるおそれがあります。


対して写真のように、

雨樋(地面)に向かって、ができ水が流れ落ちるのが

横張りの特徴です。

屋根に段差がある事により、水の勢いが弱まり

雨樋を飛び越えることは基本的にありません。


因みに、屋根の流れ(勾配)が緩いお宅で横張りを使用すると、

強風時に雨水が材料の中に入る可能性があるので、

横張りは流れ(勾配)があるお宅で使用する必要があるのです。

絵に自信がないので心配ですが、うまく伝わると嬉しいです(笑)


葺き(張り)方の種類です。

縦張りは、

主に瓦棒葺き縦平葺き折半葺きがあり、縦に張ります。


横張りは、

スレート屋根や金属屋根での葺き(段葺き)があり、横に張ります。

もし、普段雨樋に雨水が入らず飛び越えてしまうとお困りの方は、

雨樋の調整もひとつですが、屋根の葺き方を変えてみるのもひとつの手段ですね(^^)/

NEW

  • 瓦棒屋根・木部 下地補修工事

    query_builder 2022/05/10
  • 倉庫床 防水工事

    query_builder 2022/04/27
  • 倉庫塗装工事 手塗り塗装

    query_builder 2022/04/18
  • 倉庫塗装工事 洗浄と溶接

    query_builder 2022/04/12
  • 移動式足場の設置

    query_builder 2022/04/11

CATEGORY

ARCHIVE