外壁塗装工事!塗料についてご説明します!

query_builder 2021/09/25
ブログ

みなさんこんにちは(^^)/

川口市や足立区を中心に活動をしております

外壁塗装・屋根工事専門店の橋塗装でございます。


現在、川口市の弥平で外壁塗装工事を行っております。

本日は、外壁塗装の3回目塗りを行っております!

昨日同様、塗装は「上塗り塗料」を使用します。


本日も上塗り材についてご説明いたします。

上塗り塗料は、合成樹脂、顔料、添加剤の3つの成分により

構成されていると昨日、ご説明しました。

その3つの成分の混ざった塗料が、一斗缶に入り現場に届きます。

しかし、実際に塗るときは、そのまま使用するわけではありません。


一斗缶に入った塗料をそのまま使用すると、

粘度が高く塗りづらい。

また、刷毛やローラーのムラが目立ちやすく綺麗には仕上がりません。

そのため、塗料を水やシンナーで薄める(希釈する)必要があるのです。


ここで、ポイントとなるのが水性塗料油性塗料です。

奥が深すぎますね…(^^;)

塗料は、水性と油性に分けられます。

水性塗料には成分として、水が含まれるのに対し

油性塗料にはシンナーなどの有機溶剤が含まれます。


つまり希釈するとき、

水性塗料は、水で塗料を溶かし、

油性塗料は、有機溶剤で塗料を溶かすことになります。


以下が、それぞれの特徴です。

水性塗料

・臭気が少ない

・保管しやすい

・塗りやすい

水性塗料は水を使っているため、臭いが少なく扱いやすいのが特徴です。

また引火などの危険性も少ないです。

耐久性、耐候性についても、油性塗料と同程度の製品が開発され普及しています。


油性塗料

・耐候性、耐摩耗性、防水性が高い

・塗装後の乾燥が早い

・臭いが強い

油性塗料は耐候性が高く、錆が発生しにくいのも特徴です。

また、密着性に優れ、塗装後の乾燥が早いのも大きなメリットです!

ただし、臭いが強いという欠点もあるため、

作業中や塗装直後は注意する必要があります。


シリコン塗料にも、水性と油性があり、

フッ素塗料にも、水性と油性があります。

工事をご検討される場合は、

塗料を選ぶ際に、水性か油性(溶剤)かも

比較されると、より品質UPに繋がります。

NEW

  • 川口市弥平で外壁塗装工事が完成しました。

    query_builder 2021/10/05
  • 川口市の外壁塗装工事。本日は足場の解体を行っております。

    query_builder 2021/10/04
  • 川口市の外壁塗装工事、天候悪く今日はお休みです。

    query_builder 2021/10/01
  • 台風が近づいておりますので、強風対策を行います。

    query_builder 2021/09/30
  • 川口市で外壁塗装工事をしている現場より、屋根の診断を行いました。

    query_builder 2021/09/29

CATEGORY

ARCHIVE