川口市にて外壁塗装工事の中塗りを行っております!

query_builder 2021/09/24
ブログ

みなさんこんにちは(^^)/

川口市や足立区を中心に活動をしております

外壁塗装・屋根工事専門店の橋塗装でございます。


現在、川口市の弥平で外壁塗装工事を行っております。

本日は、外壁塗装の2回目塗りを行っております!

2回目、3回目の塗装は「上塗り材」を使用します。

密着効果を増す下塗り材の後に、

耐久性や、付加価値のある上塗り材を使用し塗装工事が完成します!


さて、本日はそんな上塗り塗料をご説明いたします。

上塗り塗料は3つの成分により構成されています!

合成樹脂、顔料、添加剤

本日は、この違いを簡単にご説明いたします。


1つ目の「合成樹脂」は、

塗膜を生成する原料として最も重要な成分です。

よく耳にする、

アクリル、ウレタン、シリコン、フッ素、無機などが

樹脂の種類です。


この樹脂が、塗膜の性能や特徴を大きく左右し、

耐久性をあげるために必要な原料となります。

樹脂の違いにより、金額も変わりますが、

塗料の品質レベル、グレード、耐久性も異なります。


2つ目の「顔料」は、

塗膜に色を付けるための成分です。

顔料が入っている塗料を、エナメル塗料

顔料が入っていない塗料を、クリヤー塗料

とよびます。

塗ることによって色が付く、エナメル塗料が一般的ですが、

無色透明なクリヤー塗料は、既存外壁の色合いを残すことができるので

多色使いの外壁の場合は、クリヤー塗料がお勧めです。


3つ目の「添加剤」は、

塗膜の性能を向上させるために、さまざまな機能を追加するための成分です。

添加剤の目的は、以下の3つです。

・塗料の品質安定化

・塗装作業の効率化

・塗装後の塗料の防護

代表的な添加剤は、次の通りです。

・艶消し剤:塗膜の光沢度を下げる

・界面活性剤:表面張力の低下を防止する

・たれ防止剤:塗料の流れ落ちを防止する

・消泡剤:乾燥後の気泡跡発生を防止する

・防腐剤、防カビ剤:塗膜の腐食などを防止する

・可塑剤:塗料の柔軟性、付着力を向上させる

・皮張り防止剤:塗料貯蔵中に表面に発生する皮を防止する

・レベリング剤:塗膜の流動性を確保する

等々です。


一言に塗料といっても、案外ふかく

塗料の種類が多い点や、まだまだ発展途上な点も頷けます。


NEW

  • 川口市弥平で外壁塗装工事が完成しました。

    query_builder 2021/10/05
  • 川口市の外壁塗装工事。本日は足場の解体を行っております。

    query_builder 2021/10/04
  • 川口市の外壁塗装工事、天候悪く今日はお休みです。

    query_builder 2021/10/01
  • 台風が近づいておりますので、強風対策を行います。

    query_builder 2021/09/30
  • 川口市で外壁塗装工事をしている現場より、屋根の診断を行いました。

    query_builder 2021/09/29

CATEGORY

ARCHIVE