屋根重ね葺き工事 施工編「川口市で元気に営業中!」

query_builder 2021/07/26
ブログ

みなさんこんにちは(^^)/

川口市や足立区を中心に活動をしております、

外壁塗装・屋根工事専門店の市橋塗装でございます。


昨日に引き続き、今回も屋根工事についてご紹介いたします!

前回は、屋根材の鋼板についてお伝えいたしました。

今回は、川口市でも多くの実績があり、弊社でも自信のある

屋根重ね葺き工事の施工についてご紹介致します!


重ね葺き工事は、屋根工事のカバー工法とも呼ばれております。

葺き替え(張替え)工事ではないので、

現在のスレートを剥がして処分する必要がない分、

塗装工事と、葺き替え工事の中間ぐらいの金額で施工ができます。


それでは、順にご説明いたします!


1、まずは、高所作業になるので

  2階以上のお宅では、足場が必ず必要となります。


2、屋根の状況によっては高圧洗浄をお勧め致します。

  特にカビやコケがある場合ですが、一度重ね葺きを行うと

  次にその屋根を外すまで、おそらく30年以上はかかります。

  その為、カビやコケを撤去した状態で張るのがお勧めです。


3、スレートの棟材と、雪止めを撤去します。

  重ね葺き工事の第一段階は、防水シート敷きとなります。

  その為、屋根上を平らにする必要があり、

  棟板金・板金の木下地、雪止めを撤去することにより

  防水シートを綺麗に敷く事が可能となります。

<雪止め>

<棟板金>


4、防水シートを敷きます。

  軒先(下)から順番に重ねて敷くことが重要です。


5、軽量な金属屋根材を張っていきます。

  軒先(下)から順に張っていき、新しい雪止めも取り付けます。

  ビスで止めていく簡単な施工です。


6、棟(上)まで順番に張っていき、

  最後に棟材・ケラバ材を取り付けて完成となります。

  基本的には、メーカーの既製品での施工のため簡単に施工がで

  きます。


天窓等がある場合には、やや平板加工が必要となります。

平板も同色で、メーカーが出しております。


次回は、屋根材「ガルテクト」について

ご紹介いたします!

NEW

  • 暑い夏場での外壁塗装工事 前編

    query_builder 2022/08/18
  • 工事前のご近所様挨拶について

    query_builder 2022/08/17
  • 塗料保管について 後編

    query_builder 2022/08/12
  • 塗料保管について 前編

    query_builder 2022/08/11
  • 塗料の処分について

    query_builder 2022/08/10

CATEGORY

ARCHIVE