外壁塗装DIY:基本ステップとノウハウまとめ

query_builder 2024/07/08 塗装
この記事では外壁塗装をDIYで行う基本的なステップとノウハウをご紹介します。始める前の準備から塗料の選び方、塗装のテクニックまでを、初心者でもわかりやすく説明します。
株式会社市橋塗装
ロゴ
ただ色を塗るのではなく、下地処理にも徹底して取り組むことで建物の耐久性を川口市を中心に向上させております。このように、外壁塗装で外壁の美しさを保ちながら構造を補修し、寿命を延ばすことがスタッフの使命です。
株式会社市橋塗装
住所:

〒332-0001

埼玉県川口市朝日6-22-20

電話番号:
048-291-8141

はじめに:DIYで外壁塗装を行う意義

DIYで外壁塗装を行うことは、節約になるだけでなく、自分の手で家を美しく保つことができる満足感が得られます。

節約の効果

DIYで外壁塗装を行うことには節約の効果があります。外壁塗装はプロに依頼する場合、専門業者に作業を頼むために費用がかかりますが、DIYで行えばその分の費用を削減できます。自分で材料を購入し、作業を行うことで、専門業者に支払う費用の節約が可能です。

ただし、DIYで外壁塗装を行うには時間とエネルギーを注ぎ込む必要があります。塗料の選定から塗装作業まで、慎重な準備と正確な作業が求められます。また、塗装に必要な工具や用具の購入も別途必要となります。

しかしこのような手間や費用をかける代わりに、DIY外壁塗装は自分自身で家を美しく保つことができるという満足感を与えてくれます。手に職を持つことや自分の住まいに対する愛着を深めることができるのです。

また、DIY外壁塗装によって得られる節約の効果だけでなく、塗装作業自体にも達成感があります。自分で手を動かし、自分の力で家を美しく仕上げることで、大きな満足感と自信を得ることができます。

つまり、節約だけでなく、自分自身の成長や家への愛着といった付加価値がDIY外壁塗装にはあるのです。このように、節約効果と生活の満足感を得ることができるDIY外壁塗装は、多くの人にとって魅力的な選択肢となるのです。

満足感

DIYで外壁塗装を行うことには、節約効果だけでなく、家への満足感も得られます。自分の手で家を美しく保つことができるという実感は非常に大きいものであり、DIY外壁塗装の醍醐味とも言えるでしょう。

外壁塗装の作業を通じて、自分の手で家を美しく仕上げる達成感を味わうことができます。一つ一つの作業に集中し、丁寧に仕上げることで、自分の手で作り上げた家に対する愛着や誇りを感じることができます。

また、DIY外壁塗装は自分のアイデアやセンスを活かすことができる点でも魅力的です。自分自身の好みや個性を反映させることで、他の家とは異なるオリジナルな外観を作り出すことができます。まるで自分だけの特別な空間を創り上げるような感覚です。

さらに、DIY外壁塗装は家族や友人との共同作業としても楽しむことができます。一緒に作業を行いながらコミュニケーションを図り、協力して家を美しく仕上げることで、絆を深めることもできるのです。

もちろん、DIY外壁塗装には手間や労力も必要です。道具の用意や作業時間など、工程を経ることでの手間を省くことはできません。しかし、その分だけ得られる満足感や充実感は計り知れません。

DIYで外壁塗装を行うことは、ただ節約するだけでなく、自分の手で家を美しく保つという達成感と共に、愛着や誇りを感じる経験を与えてくれるのです。自分の手で創り上げた家を見るたびに、その満足感を再確認し、自信を持って過ごすことができるでしょう。

外壁塗装の基本知識

外壁塗装をDIYで行う前に知っておくべき基本的な知識をご紹介します。

好ましい季節と天候

DIYで外壁塗装を行う際には、塗装する季節や天候の選定が重要です。気温や湿度、天候によって塗装の品質や耐久性が左右されるため、適切な季節と天候を選ぶことが求められます。

まず、塗装に適した季節は春や秋です。これらの季節は気温が穏やかであり、湿度も比較的安定しています。特に、夏の暑さや冬の寒さに比べて塗料の乾燥や乾燥時間の管理がしやすく、塗装の仕上がりを良くすることができます。

さらに、天候も注意が必要です。雨や湿度の高い日は塗装に適していません。湿度が高いと塗料の乾燥が遅くなり、仕上がりにムラや塗膜の劣化が生じる可能性があります。また、雨が降ると塗料が流されたり、塗料の密着性に影響を与えます。そのため、塗装する日は晴天で空気が乾燥している日を選ぶようにしましょう。

季節や天候の選定には、地域の気候特性も考慮する必要があります。例えば、湿度の高い地域では乾燥しにくいため注意が必要です。逆に、乾燥が進みやすい乾燥地域では塗料の乾燥が早くなるため、作業のスケジュール調整が必要です。

また、塗装する日の予報や気象条件もチェックしましょう。突然の雨や強風が予想される場合は塗装を延期するなど、適切な判断を行うことが重要です。

このように、DIY外壁塗装を行う際は塗装する季節や天候を適切に選定することが必要です。適した季節と天候を選ぶことで、塗料の乾燥や塗膜の密着性を最大限に引き出し、美しい仕上がりと耐久性のある外壁を実現することができます。

外壁材による違い

外壁塗装をDIYで行う際には、外壁の材質によって必要な塗料や塗装方法が異なることを知っておくことが重要です。外壁材の選定によって、塗装の仕上がりや耐久性が左右されるため、適切な塗装方式を選ぶ必要があります。

まず、一般的な外壁材としては、木材、レンガ、サイディングなどが挙げられます。木材の場合、耐水性や耐久性が低いため、防腐処理や防カビ剤の使用が必要です。また、レンガやサイディングは耐候性や耐久性が高いため、塗装に重点を置くことができます。

木材の場合、塗料は透明なものや木目を生かすものが適しています。また、塗装前に下地処理が重要です。木材の表面には養生や古い塗膜の剥離、凹凸の補修が必要です。また、木材が湿気などで腐食している場合は、修理や補強が必要となる場合もあります。

一方、レンガやサイディングの場合は、塗料の選定や塗装方法によって表情を変えることができます。適した塗料を選ぶことで、耐久性や防汚性を高めることができます。レンガの場合は、吸水性が高いため、適切な塗装剤を使用することが重要です。

さらに、サイディングのようなプレハブ壁材の場合は、塗装の際にはシーリング処理や目地の補修を行う必要があります。これらの補修や処理は、塗装の仕上がりを美しく仕上げるために欠かせません。

外壁材によって必要な塗料や塗装方法が異なるため、外壁塗装を行う前には外壁材についてしっかりと調査し、適切な塗装方式を選ぶことが重要です。DIYで外壁塗装を行う際には、外壁材に適した塗料選びや塗装方法の習得が求められます。適切な塗装を行うことで、美しい外観や耐久性を長期間にわたって保つことができます。

DIY外壁塗装のステップ

具体的な外壁塗装のステップをわかりやすく解説します。

準備作業

DIYで外壁塗装を行う前には、塗り始める前のさらなる準備作業が必要です。適切な準備を行うことで、塗料の選択から作業範囲の清掃まで、スムーズに塗装作業を進めることができます。

まず一つ目の準備作業は、塗料の選択です。外壁材や予定されている塗装の仕上がりに適した塗料を選びましょう。耐候性や耐久性、防汚性などを考慮して、具体的な塗料の種類や特性を調べることが重要です。塗料の耐久性や美観の持続性を確保するためにも、品質の高い塗料を選ぶことがおすすめです。

次に、工具の用意も忘れてはなりません。塗装のために必要な基本的な工具リストを確認し、必要な道具を揃えましょう。例えば、刷毛やローラーなどの塗装用具、スクレーパーやサンディングペーパーなどの下地処理に必要な工具などがあります。また、安全に作業を行うための工具や保護具も準備しましょう。

さらに、作業範囲の清掃も大切な準備作業の一つです。外壁に付着した汚れやほこり、古い塗膜の剥離などをキレイに取り除くことで、塗料の密着性を向上させることができます。外壁を高圧洗浄機で洗浄するか、ブラシやスポンジで手作業できれいに掃除することをおすすめします。この清掃作業によって、塗料が外壁に均一に塗れるような状態を作り出すことができます。

塗装の前段階として、塗料の選択や工具の用意、作業範囲の清掃などの準備作業を丁寧に行いましょう。適切な準備を行うことで、外壁塗装作業をスムーズに進めることができます。また、綿密な準備作業は塗装の仕上がりや耐久性にも大きく影響を与えるため、十分に時間をかけて行うことが求められます。

塗装作業

準備作業が終わったら、いよいよ外壁塗装の本格的な塗装作業に入ります。一般的に塗装は下塗り、中塗り、上塗りの3つのステップから成り立っています。それぞれのステップで注意すべきポイントを押さえながら進めていきましょう。

まずは下塗りから始めます。下塗りの役割は、外壁の表面を均一に保ち、塗料の密着性を高めることです。下塗り塗料を適切に配合し、刷毛やローラーを使って一つ一つの部位を丁寧に塗っていきます。特に凹凸のある箇所や隅々まで均一に塗ることが大切です。

次に中塗りです。中塗りの目的は下塗りの密着性をさらに補完し、塗膜の均一性を高めることです。下塗りが完全に乾燥してから、中塗り塗料を同じように均一に塗布していきます。塗布作業の際には、ムラや垂れが生じないように注意しましょう。塗料が垂れてしまった場合はすぐに拭き取りましょう。

最後に上塗りです。上塗りは外壁の仕上げとなるため、美観や耐久性を左右します。下塗りや中塗りと同じように、均一な塗布を心掛けましょう。適切な乾燥時間を守りつつ、上塗りを行います。最終的な仕上がりを確認しながら、必要な箇所に追加の塗布を行うことも重要です。

塗装作業の際には、均一な塗布やムラのない塗り方に注意しながら進めることが重要です。また、作業中には手袋やマスクなどの適切な保護具の使用も忘れずに行いましょう。安全かつ丁寧な作業を心掛けることで、美しい仕上がりと耐久性のある外壁塗装を実現することができます。

以上が外壁塗装の塗装作業の基本的なステップです。下塗り、中塗り、上塗りの順に丁寧に塗っていくことで、美しい外観と耐久性を持つ外壁を実現することができるのです。

安全に作業を行うために

DIY外壁塗装は高所作業が含まれ、注意が必要です。安全に作業を行うためのポイントを説明します。

作業服と保護具

外壁塗装のDIY作業を行う際には、作業服や適切な保護具の使用が重要です。安全に作業を行い、事故や健康被害を防ぐために、以下のポイントに注意しましょう。

まずは、作業服の選択です。作業服は動きやすく、汚れがついても問題ないものを選ぶことが大切です。衣服を塗料や塗装剤で汚すことを避けるため、長袖やエプロン、ズボンなどを用意しましょう。特に塗料が飛散する可能性のある場合は、フードや帽子をかぶることもおすすめです。また、作業場の環境や季節に応じて服装を調整することも大切です。

次に、作業中の保護具の使用です。塗料や塗装剤は皮膚や目に直接触れることで健康被害を引き起こす可能性があります。そのため、下記の保護具を適切に使用しましょう。

まず、目の保護には安全メガネやゴーグルを着用しましょう。塗料やほこりが目に入らないように保護することで、目の健康を守ることができます。

次に、呼吸器の保護にはマスクが必要です。特に有害な薬品を含む塗料や塗装剤を使用する場合には、高性能の呼吸器を選びましょう。塗料の粒子や有害な化学物質が体内に入らないようにすることが重要です。

そして、手の保護には手袋を使用しましょう。塗料や塗装剤は皮膚に直接触れることで刺激やアレルギーを引き起こす可能性があります。手袋を使用することで、手の保護と作業の快適さを両立させましょう。

最後に、作業中は安全靴の着用もおすすめです。工具や材料の転倒や落下時の足の保護を考慮し、つまずきやすい場所での作業では特に重要です。軽量だけでなく、足の安定性を確保できる靴を選びましょう。

DIY外壁塗装の作業中には作業服と適切な保護具の使用が欠かせません。作業服は汚れや塗料から身を守り、保護具は健康被害や事故から身体を守る役割を果たします。安全に作業を行い、健康に気を配りながらDIY外壁塗装を進めましょう。

高所での作業方法

DIY外壁塗装の作業においては、高所での作業が必要な場合があります。高所での作業は危険性が伴うため、安全に取り組むための方法やポイントについて理解することが重要です。

まず、高所での作業を行う際には、安全意識を持つことが不可欠です。高所からの落下や転倒による事故を防ぐために、常に周囲の安全を確認しましょう。作業前には作業場の安全点検を行い、障害物や危険箇所を確認し、適切な対策を行いましょう。

次に、適切な道具や設備の使用が重要です。はしごや足場を使用する場合は、安定性や耐荷重性が確保されていることを確認しましょう。はしごは傾斜を適切に調整し、しっかりと地面に固定しましょう。また、足場の組み立てや解体を行う際には、説明書や安全ルールに従って作業しましょう。

さらに、作業中は安全ベルトやハーネス、落下防止用具などを使用することがおすすめです。これらの装備品を正しく身に着け、適切に取り付けることで、高所からの落下や転倒を防ぐことができます。

また、高所での作業では天候や風の影響にも注意が必要です。風速や天候予報を確認し、安定した天候の日を選んで作業を行いましょう。風の強さや天候の変化が作業の安全性に影響を与えることがあるため、慎重な判断が必要です。

高所での作業は危険が伴いますが、適切な準備と注意をすることで安全に取り組むことができます。周囲の安全を確認し、適切な装備や道具の使用、天候のチェックなどを行いながら作業を進めましょう。それに加え、作業中は集中力を保ち、慌てずに作業を行うことも重要です。安全に作業を行いながら、美しい外壁塗装の完成を目指しましょう。

塗装後のケアとメンテナンス

外壁塗装後の適切なケアとメンテナンス方法を説明します。

乾燥管理

外壁塗装のDIY作業を終えた後は、塗料の乾燥管理が重要です。適切な乾燥時間とその管理方法を守ることで、塗料の耐久性や仕上がりに影響を与えません。

まず重要なのは、塗料の乾燥時間を把握することです。使用した塗料の乾燥時間は、塗料メーカーの指示やラベルに記載されています。必ず指示に従って乾燥時間を確認し、それに基づいて作業を進めましょう。乾燥時間を守らないと、塗膜が十分に硬化せず、塗装の耐久性や仕上がりに悪影響を及ぼす可能性があります。

また、乾燥時間の管理には気象条件も重要です。湿度や気温、風の影響が塗料の乾燥時間に影響を与えます。湿度が高い場合は乾燥が遅くなりますので、念のため十分な乾燥時間を確保しましょう。また、気温が低い場合も同様に乾燥に時間がかかるため、対策が必要です。

乾燥管理は適切な換気も含まれます。塗料の揮発物質が発生するため、揮発物質を室内にこもらせないようにすることが大切です。換気扇や窓を開けて空気の流れを確保し、室内を十分に換気しましょう。ただし、外部の塵や埃が入らないように注意しながら換気を行いましょう。

最後に、塗料の乾燥が完了した後も適切なケアが必要です。塗装後の乾燥後の注意点をしっかりと理解し、外壁を傷つけないように配慮しましょう。乾燥後のケアは外壁メンテナンスの一環なので、定期的な清掃や点検を行うこともおすすめです。

塗料の乾燥管理は外壁塗装の仕上がりや耐久性に大きく影響します。指示された乾燥時間を守り、気象条件や換気にも注意しながら作業を進めましょう。丁寧な乾燥管理により、美しい外観と長持ちする外壁塗装を実現できます。

定期的なメンテナンス

外壁塗装後も美しい外観を保つためには、定期的なメンテナンスが不可欠です。ここでは、外壁の定期的なメンテナンス方法についてご紹介します。

まず、外壁の清掃を定期的に行いましょう。外部からの汚れや付着物は、時間が経つにつれて外壁の美観を損なう原因となります。ホコリや汚れを水で洗い流すだけでなく、ブラシやスポンジを使って丁寧にこすり洗いすることで、外壁の美しさを保つことができます。

また、定期的な点検も重要です。外壁にひび割れや、剥がれ、変色などが発生していないかを確認しましょう。早期に問題を発見し、修復することで、外壁の劣化を防ぎ、耐久性を保つことができます。特に、気候の変化が激しい地域では、定期的な点検がより重要です。

さらに、塗膜の劣化や退色が進んだ場合は、再塗装を検討しましょう。外壁塗装は一定の期間で劣化するため、塗膜が剥がれたり、色あせたりすることがあります。劣化した塗膜を放置すると、外壁の保護機能が低下し、さらなる劣化や傷みの原因となります。適切なタイミングで再塗装を行い、外壁を保護しましょう。

最後に、植物の生育や周囲の環境による影響にも気を配りましょう。植物が外壁に絡まってしまったり、周囲の木々が接触して傷つけることがあります。可能な限り適切な距離を保ち、定期的に周囲の植物や木々を確認して、外壁への影響を最小限に抑えましょう。

定期的なメンテナンスは外壁の美観を保ち、耐久性を高めます。清掃や点検、再塗装などをこまめに行うことで、外壁の長寿命化を図ります。外壁塗装の美しさと耐久性を持続させるために、定期的なメンテナンスを心掛けましょう。

外壁塗装DIYのマストアイテム

DIYで外壁塗装を成功させるための必須アイテムを紹介します。

必要な工具リスト

DIY外壁塗装を行う際には、いくつかの基本的な工具が必要です。ここでは、外壁塗装で必要な工具リストとそれぞれの使用方法についてご紹介します。

まず最初に必要なのが、塗装作業に使用する刷毛やローラーです。これらの道具を使って塗料を均一に塗り広げることができます。刷毛は細かい箇所や凹凸のある部分に適しており、ローラーは広い面積の塗装に適しています。適切な塗料の吸い込みや均一な塗布を心掛けましょう。

次に、下地処理に使用する工具があります。スクレーパーやサンディングペーパーは、古い塗膜や凹凸を取り除くために使われます。スクレーパーで古い塗膜を剥がしたり、サンディングペーパーで表面を滑らかに整えたりすることで、塗料の密着性を高めることができます。

また、塗料を混ぜるためにスティックやミキサーも必要です。これらの道具を使って、塗料の均一な混合を行いましょう。塗料の成分や色調が均一に混ざり合うことで、仕上がりの品質を確保することができます。

さらに、必要に応じてはしごや足場も用意する必要があります。安定した立ち位置や高所での作業をサポートするため、適切な長さや耐荷重性のあるはしごや足場を選びましょう。安定性と自身の安全に気を配りながら作業を行うことが大切です。

これらの工具を適切に使用することで、DIY外壁塗装作業をスムーズに進めることができます。塗料の均一な塗布や下地処理の適切な実施、安全で安定した作業環境を確保するために、適切な工具の使用と操作方法を熟知しておくことが重要です。

推奨塗料

DIY外壁塗装を成功させるためには、適切な塗料の選択も重要です。ここでは、DIYで使用するのに適した塗料の種類とその特性についてご紹介します。

まず、一般的な塗料の種類としては、アクリル塗料やシリコン塗料、ウレタン塗料が挙げられます。アクリル塗料は耐久性や防汚性に優れ、比較的安価なため、DIYでの使用に適しています。また、シリコン塗料は耐候性や耐久性が高く、防水性も優れています。ウレタン塗料は高い耐久性と美しい仕上がりが特徴で、長期間の耐候性に優れています。

次に、塗料の特性に注目しましょう。塗料には耐候性や耐久性、通気性、カビや汚れへの抵抗力など、さまざまな特性があります。外壁塗装では、耐久性に優れた塗料を選ぶことが重要です。また、耐候性や耐久性だけでなく、外壁の素材や目的に合わせて適切な塗料を選ぶことも重要です。

さらに、塗料の色にも注目しましょう。外壁の色は建物の印象や雰囲気を大きく左右します。色の持ち具合や色褪せに強い塗料を選ぶことで、長期間にわたって美しい色彩を保つことができます。

DIY外壁塗装に適した塗料を選ぶ際には、耐候性、耐久性、価格、施工性などのバランスを考慮しましょう。また、メーカーの製品情報や口コミなどを参考にしながら、自分の現場に適した塗料を選ぶことも重要です。

最後に、塗料の使用方法を正しく理解しましょう。塗料メーカーの指示やラベルに従って、正確な塗布方法や乾燥時間を守りましょう。適切な塗料の使用と塗料の特性に配慮することで、美しい仕上がりと耐久性に優れた外壁塗装を実現することができます。

失敗しないためのポイント

外壁塗装DIYの一般的な失敗ポイントとそれを回避する方法をご紹介します。

適切な塗料量

適切な塗料量を知ることは、外壁塗装の費用を最適化するだけでなく、仕上がりの品質を高めるためにも重要です。適切な塗料量を把握することは、塗装作業の効率性や工程管理にも影響を与えます。

まずは、塗料のメーカーの指示に従うことが大切です。塗料メーカーは一般的な塗料量の目安や塗装の仕上がりに関する情報を提供しています。塗料缶や取扱説明書などから、必要な塗料量や塗装の手順を確認しましょう。

また、塗装する面積に応じた塗料量の計算も重要です。一般的には、塗装する面積を塗料の平均塗工率(塗料の広げられる面積)で割ることで、必要な塗料量を算出することができます。この計算を行うことで、必要な塗料の量を正確に把握し、無駄な費用を避けることができます。

しかし、塗料の量は塗布する箇所によって異なることを覚えておきましょう。凹凸のある部分や目地、立ち上がり部分には塗料が集まりやすいため、十分な塗布量が必要です。また、平らな面に塗る場合は均等に広げるように心掛けましょう。

さらに、塗布時の正確な作業やチェックも重要です。塗料を均一に塗るためには、塗布する範囲や塗布時間の管理を行いましょう。ムラなく塗るために、縦横に交互に塗布したり、薄く塗った後に厚く塗るなどの手法を活用することも有効です。

適切な塗料量を把握し、正確に塗布することで、より効率的かつ美しい外壁塗装を実現することができます。塗料メーカーの指示に従いながら、塗料の量を適切に管理しましょう。

塗布方法のコツ

外壁塗装で美しい仕上がりを実現するためには、適切な塗布方法やテクニックも重要です。ここでは、塗布方法のコツについていくつかのポイントをご紹介します。

まずは、均一な塗り方がポイントです。塗料を一定の圧力で均等に塗布することで、仕上がりの美しさや耐久性を高めることができます。ムラができないように注意し、塗料が一箇所に偏らないようにすることが重要です。

また、塗布する方向にも気を配りましょう。塗料を塗る方向を一定にすることで、仕上がりに均一な質感が生まれます。一般的には縦方向、横方向に交互に塗ることで、均一な塗り面を作ることができます。

さらに、塗布時の手の動きにも注意しましょう。均一な塗りにはスムーズな手の動きが必要です。刷毛を使う場合は、適切な量の塗料を含ませ、一定の圧力をかけながら塗布します。ローラーを使う場合は、一定の速度と圧力で塗料を広げることがポイントです。

また、重ね塗りや塗装間の乾燥時間にも注意が必要です。塗料の指示に従い、必要な乾燥時間を守ることで、塗料の硬化や密着性を確保することができます。塗料が完全に乾燥した後で、次の塗布作業を行うようにしましょう。

塗布方法のコツを押さえることで、より均一な塗り面や美しい仕上がりを実現することができます。テクニックを身につけるためには、繰り返しの実践や塗料メーカーの指示に従うことが重要です。丁寧な塗り作業によって、耐久性の高い美しい外壁塗装を実現しましょう。

まとめ:DIY外壁塗装を楽しむために

DIY外壁塗装は手間はかかりますが、その結果得られる満足感は格別です。最後に、DIY外壁塗装を楽しむためのポイントを再確認します。

DIYのメリット再確認

DIYの外壁塗装にはいくつかのメリットがあります。まず、節約効果があります。プロに依頼するよりも手間はかかりますが、自分で材料を購入し作業を行うことで、費用を大幅に節約することができます。

また、自身で家を美しく保つことに対する満足感も得られます。自分の手で家を手入れし、美しく仕上げることで、家への愛着が深まります。自分の力で家を守り、美しく仕上げることに誇りと満足感を感じることができます。

さらに、DIY外壁塗装は自分のセンスやアイデアを活かすことができます。自分自身の好みや個性を反映させることで、他の家とは異なる独自の外観を作り出すことができます。

節約効果や自己満足感、オリジナリティを追求できることなど、DIY外壁塗装のメリットは多岐にわたります。これらのメリットを再確認することで、DIY外壁塗装への取り組みに対する意欲が高まることでしょう。自分の手で家を美しく保つ喜びを再確認し、DIY外壁塗装を楽しんで取り組みましょう。

安全と準備の重要性

DIY外壁塗装を楽しむためには、安全と準備の重要性を忘れてはなりません。安全な作業環境を確保するために、適切な保護具や工具の使用、注意深い作業が必要です。また、作業前の準備段階で塗料や工具の準備をしっかりと行い、スムーズに作業を進めるために基本に忠実に取り組むことが大切です。安全意識を持ち、事前の準備を丁寧に行うことで、DIY外壁塗装を安全かつ成功させることができます。安全と準備はDIY外壁塗装の基本ですので、常に意識して取り組みましょう。

株式会社市橋塗装
ロゴ
ただ色を塗るのではなく、下地処理にも徹底して取り組むことで建物の耐久性を川口市を中心に向上させております。このように、外壁塗装で外壁の美しさを保ちながら構造を補修し、寿命を延ばすことがスタッフの使命です。
株式会社市橋塗装

〒332-0001

埼玉県川口市朝日6-22-20

Contact us

お気軽にご相談ください。