「外壁塗装を20年してない」状態をどう解決するか?

query_builder 2024/07/03 塗装
外壁塗装が20年以上進行していない家が抱える課題とその解決策について詳しく解説します。外壁塗装の重要性やメリット、さらに適切なタイミングや方法についても触れ、家の維持・管理に役立つ情報を提供します。
株式会社市橋塗装
ロゴ
ただ色を塗るのではなく、下地処理にも徹底して取り組むことで建物の耐久性を川口市を中心に向上させております。このように、外壁塗装で外壁の美しさを保ちながら構造を補修し、寿命を延ばすことがスタッフの使命です。
株式会社市橋塗装
住所:

〒332-0001

埼玉県川口市朝日6-22-20

電話番号:
048-291-8141

外壁塗装の重要性

まず最初に、外壁塗装がなぜ重要なのかを理解しましょう。

防水機能

外壁塗装は、建物を水分や風、その他の外部からの悪影響から守る防水機能を果たします。特に、外壁塗装が20年以上行われていない場合、劣化が進行し、防水機能が低下する可能性があります。

外壁塗装の防水機能は、建物の耐久性を保つ上で非常に重要です。屋外での風雨や気象条件にさらされることが多いため、外壁は特に保護が必要です。塗装によって外壁は防水被膜で覆われ、水分の浸入を防ぎます。また、壁の隙間やひび割れに対しても塗装が役立ちます。これにより、建物内部への水漏れやカビの発生を予防することができます。

また、防水機能の低下は建物の耐久性にも直結します。外壁が適切に保護されていないと、雨水が建物内部に侵入し、木材や壁紙の腐食、経年劣化を引き起こす可能性があります。さらに、湿気や水分の蓄積はカビの繁殖を促し、建物の健康状態にも悪影響を与えることがあります。

以上のように、外壁塗装の防水機能は建物の維持管理において非常に重要な役割を果たしています。定期的な外壁塗装を行い、防水機能を維持することで、建物の寿命を延ばし、快適な住環境を維持することができます。特に、外壁塗装が20年以上行われていない場合は、早急な塗装の施工が推奨されます。適切な塗装業者と相談し、建物の防水性を保つための対策を行いましょう。

美観維持

外壁塗装は単に防水機能を果たすだけでなく、建物の美観維持にも大きく関わります。特に、外壁塗装が20年以上行われていない場合、塗装が劣化しはがれることで建物が古く見え、価値が下がってしまう可能性があります。

外壁は建物の顔とも言える存在であり、外観的な美しさは住宅の価値や印象にも影響を与えます。しかし、経年劣化によって外壁の塗装が劣化し、剥がれることは避けられません。塗装がはがれると、建物の色あせや汚れが目立ち、美観を損なう可能性があります。また、塗装のない箇所が増えると、建物の表面に傷やひび割れが発生するリスクも高まります。

外壁塗装の美観維持には、定期的な塗装の施工が不可欠です。一般的には、外壁塗装の適切な周期は10年から15年程度とされています。定期的な塗装によって、外壁の劣化を予防し、美しい状態を保つことができます。また、塗装の色や質感を変えることで、建物の印象をアップデートすることも可能です。

建物の美観維持は、所有者が日々のメンテナンスにも取り組むことが重要です。塗装がはがれた箇所や汚れが目立つ部分は、早めに修復することが必要です。また、外壁の清掃や定期的な点検を行い、問題がないか確認することもおすすめです。その際には、専門の業者に相談することで、適切なアドバイスを得ることができます。

外壁塗装の美観維持は、建物の印象を良好な状態に保ち、住宅の価値を高める重要な要素です。外壁塗装が20年以上行われていない場合は、建物の美観を向上させるためにも、早めに塗装の施工を検討しましょう。塗装のプロフェッショナルに相談し、適切な塗装方法や色選びなどを行うことで、魅力的な外観を保つことができます。

20年塗装していない状態の問題点

次に、20年以上外壁塗装がなされていない家が抱える具体的な問題について見ていきましょう。

建物の劣化

外壁塗装が20年以上行われていない場合、建物は劣化の進行に直面する可能性があります。経年劣化によって外壁の塗装が劣化し、建物全体の寿命を縮めてしまう可能性があります。

建物の劣化は、外壁の塗装が劣化することで始まります。劣化した塗装ははがれやひび割れを引き起こし、外壁の表面にダメージを与えます。これによって、雨水や湿気が建物内部に侵入し、木材や壁紙の腐食、さらには建物全体の構造への悪影響をもたらす可能性があります。また、塗装が劣化することで外壁が脆くなり、風や地震などの外部刺激によって建物自体の安定性が損なわれることもあります。

劣化が進行すると、建物の見た目にも影響を与えます。塗装の剥がれや色あせによって建物が古く見え、美観が損なわれます。これは建物の価値を下げるだけでなく、周囲の環境や住宅街全体の景観にも悪影響を及ぼす可能性があります。

建物の劣化を防ぐためには、定期的な外壁塗装が欠かせません。外壁塗装は、建物の表面を保護し、耐久性を高める役割を果たします。定期的な塗装によって劣化を予防し、建物の寿命を延ばすことができます。また、劣化が進行している場合は、早急に塗装の施工を行うことで、さらなる悪化を防ぐことができます。

建物の劣化は避けられないものですが、定期的な外壁塗装の施工によって劣化の進行を遅らせることができます。建物の所有者は、外壁の状態を定期的に点検し、劣化の兆候を見逃さないようにすることが重要です。外壁塗装の専門業者に相談し、適切な塗装のタイミングや方法を判断しましょう。建物の長寿命を実現するために、劣化の進行を抑えるための適切な対策を取りましょう。

防水性の低下

外壁塗装が20年以上行われていない場合、防水性が低下し、建物が雨漏りなどの被害に遭う可能性があります。長期間にわたって塗装が更新されなかった場合、外壁の防水性が失われることがあります。

外壁塗装は、塗料の防水効果によって建物を水から守る役割を果たします。しかし、劣化した塗装や経年劣化によって、防水性が低下することがあります。塗膜が薄くなったり、ひび割れが生じたりすることで、雨水や湿気が外壁内部に侵入する可能性が高くなります。このような状態が続くと、内部の壁や柱などの木材が腐食し、建物全体の構造的な強度が低下するおそれがあります。

また、防水性の低下は雨漏りなどの問題を引き起こす可能性もあります。外壁が防水機能を十分に果たしていないと、雨水が建物内部に浸入し、天井や壁のシミやカビの発生など、建物内部の被害をもたらすことがあります。また、塗装が劣化していると、風や太陽光の影響で外壁の温度変化が激しくなり、建物の熱効率や断熱性能にも悪影響を及ぼす可能性があります。

外壁塗装の防水性が低下している場合は、早急な塗装の施工を検討することが重要です。塗装のプロフェッショナルによる適切な修復や塗装の施工によって、外壁の防水性を回復させることができます。また、定期的な塗装メンテナンスを行うことで、防水性の低下や雨漏りのリスクを最小限に抑えることができます。

外壁塗装の防水性の低下は建物全体の安定性や住環境に重大な影響を与える可能性があります。建物の所有者は、外壁の状態を定期的に点検し、防水性の低下に気づいた場合は早めに対策を講じることが重要です。外壁塗装の専門業者に相談し、必要な修復や塗装の施工を行いましょう。建物の健康を守るために、外壁の防水性の確保に努めましょう。

塗装の適切なタイミング

外壁塗装の適切なタイミングは何か、その判断基準を解説します。

塗装の状態

外壁塗装が20年以上行われていない場合、外壁の塗装の状態を確認することが重要です。外壁塗装の状態を把握することで、塗り替えが必要なタイミングを見極めることができます。

外壁の塗装の状態を見る上で注目すべきポイントは、塗膜の剥がれやひび割れ、色あせなどです。塗膜がはがれたり、ひび割れが生じたりしている場合、外壁の保護機能が低下している可能性があります。また、色あせが進んでいることも、塗装の劣化を示すサインとなります。

外壁の塗装が剥がれてしまったり、色あせが目立つようになった場合、塗り替えのタイミングが訪れています。適切なタイミングで塗り替えを行うことで、外壁の保護機能を回復させ、美観を向上させることができます。逆に、塗装の状態が良好であれば、まだ塗り替えを行う必要性は低いかもしれません。

外壁塗装の状態を判断するためには、専門的な知識や経験が必要となるため、業者に相談することがおすすめです。外壁塗装のプロは、視覚的な点検だけでなく、塗装の厚さや密着度、塗膜の状態などを専門的に評価できます。適切な判断をするためには、専門家のアドバイスや点検を受けることが重要です。

外壁塗装の状態を定期的にチェックすることで、適切なタイミングでの塗り替えを行うことができます。建物の所有者は、外壁の状態に注意を払い、劣化の兆候が見られた場合は早めに対策を講じることが大切です。外壁塗装のプロフェッショナルに相談し、塗装の状態を適切に評価してもらいましょう。建物の美観や耐久性を保つために、適切な塗装のタイミングを見極めましょう。

適切な周期

外壁塗装の適切な周期を把握することは、建物の健康状態を維持する上で重要です。一般的には、外壁塗装の適切な周期は10年から15年程度と言われています。

外壁塗装の周期は、建物の環境や気候条件、使用する塗料の種類などによって異なる場合があります。しかし、一般的な目安として10年から15年程度を考えると良いでしょう。

塗装の周期が短すぎると、余計な費用負担や労力がかかります。一方、周期が長すぎると、建物の外壁が劣化し、修復や塗り替えにより高い費用が必要となる可能性があります。適切な塗装周期を守ることで、建物の寿命を延ばし、外壁の美観を維持することができます。

外壁塗装の適切な周期を判断するためには、外壁の状態を定期的に点検することが重要です。塗膜の剥がれやひび割れ、色あせなどの劣化の兆候が見られる場合は、塗装の施工を検討する必要があります。また、周囲の建物や環境の変化、気候条件の影響を考慮して、塗装の周期を見直すことも必要です。

建物の所有者は、外壁塗装の専門業者に相談し、適切な塗装周期を判断してもらうことがおすすめです。専門的な知識や経験を持った専門家は、外壁の状態や周囲の環境などを総合的に評価し、最適な塗装周期を提案してくれます。適切な塗装周期を守りながら、建物の健康状態を維持しましょう。

適切な塗装周期を守ることは、建物の外観の美しさや防水性を保つだけでなく、建物の価値を維持するためにも重要です。定期的な塗装メンテナンスを行い、適切なタイミングでの塗り替えを行うことで、建物の寿命を延ばし、魅力的な住環境を保ちましょう。

外壁塗装の方法

今度は、外壁塗装の具体的な方法について説明します。

プロに依頼する

外壁塗装は専門的な知識や技術が必要な作業ですので、プロに依頼することをおすすめします。外壁塗装の施工は、建物の寿命や美観を左右する重要な要素です。

外壁塗装をプロに依頼することで、以下のようなメリットがあります。

まず第一に、プロは高い技術力と経験を持っています。適切な塗装の手法や塗料の選定など、専門的な知識を持って塗装工事を行います。適切な下地処理や塗料の塗布方法によって、仕上がりの品質が向上し、塗装の効果を最大限に引き出すことができます。

また、プロに依頼することで時間と手間を省くことができます。外壁塗装は大規模な作業であり、素人が行うのは難しい場合があります。専門業者に依頼することで迅速かつ効率的に塗装工事が行われ、建物の利用や生活に支障をきたしません。

さらに、プロには専用の道具や設備があります。高所での作業や狭い場所へのアクセスなど、様々な条件下での作業に対応できる機材や設備を備えています。これにより、安全な作業環境を確保し、作業の品質と安全性を両立することができます。

最後に、プロに依頼することでアフターサービスや保証が受けられる場合があります。施工後のトラブルや修繕が必要な場合にも、プロの対応が期待できます。一定期間の保証やアフターフォロー体制が整っている業者を選ぶことで、安心して外壁塗装をお任せすることができます。

外壁塗装は建物の重要なメンテナンス作業であり、プロに依頼することは大切です。専門的な技術や経験、最適な設備を持った業者を選び、信頼性の高い業者に外壁塗装を依頼しましょう。建物の寿命と美観を保つために、プロの力を活用しましょう。

DIYで行う

外壁塗装は専門的な作業であるため、DIYで行うことは推奨されません。しかし、一部の簡単な塗装作業はDIYで行うことも可能です。以下にDIYで外壁塗装を行う際のポイントをご紹介します。

まず第一に、適切な知識と技術を身につけることが重要です。外壁塗装には塗料選定や下地処理など、専門的な知識が必要となります。事前に十分な調査と研究を行い、DIYに取り組む前に塗装の手順や技術について理解しましょう。

次に、適切な道具と資材を準備することが必要です。外壁塗装には特定の道具や機材が必要ですが、これらを所有していない場合はレンタルするか、貸出しのサービスを利用することができます。また、塗料や塗装材料の選定も重要です。建物の種類や環境に合った耐久性や美観を考慮し、適切な塗料を選びましょう。

また、安全に作業するためには適切な保護具の着用が必要です。マスク、手袋、ゴーグルなどの保護具を身に着け、高所作業の際には安全帯や足場を使用しましょう。自身の安全を確保することは最優先です。

DIYで外壁塗装を行う場合は、時間や労力を十分に確保することも大切です。外壁塗装は大規模な作業であり、時間と労力がかかる場合があります。予定よりも余裕を持ったスケジュールを立て、慎重に作業に取り組みましょう。

最後に、自身の能力や限界を把握し、専門業者への相談や助言を受けることも重要です。DIYでの外壁塗装にはリスクが伴いますので、自身の能力や経験に自信がない場合は、プロに依頼することをおすすめします。プロの施工の方が効率的で品質の高い仕上がりが期待できます。

外壁塗装は建物の寿命や美観に大きな影響を与えるため、慎重な判断が必要です。DIYで行う際には、十分な準備と知識、安全意識を持ちながら作業に取り組みましょう。しかし、完璧な仕上がりや安全性を求める場合は、専門業者に依頼することをおすすめします。

選ぶべき塗料について

外壁塗装に使用する塗料についても重要なポイントがあります。

環境に合わせた選択

外壁塗装に適した塗料を選ぶ際には、建物が位置する環境や気候条件に合わせた選択が重要です。環境に合わせた塗料の選定は、塗装の耐久性や美観の維持に直結します。

まず、建物が位置する地域の気候条件を考慮しましょう。日照時間、降水量、気温の変動など、地域によって異なる気候要因があります。例えば、湿度の高い地域では防カビ効果や耐久性の高い塗料が適しています。また、日差しの強い地域では紫外線による色あせや劣化のリスクが高まるため、耐光性に優れた塗料を選ぶことが重要です。

さらに、建物の環境によっても塗料選びは異なります。建物が海岸や都市部にある場合は、塩害やエアポリューションなどの影響を受ける可能性があります。これらの環境要因によって塗装表面が侵されたり汚れが蓄積したりすることがありますので、耐久性や汚れに強い塗料を選ぶことが求められます。

さらに、建物自体の材質や目的によっても塗料の選択は変わってきます。木造建物や鉄骨建築など、建物の材料に合わせた塗料を選ぶことで、塗料と建材の相性を高めることができます。また、業務用建物や住宅など、建物の用途によっても塗料の性能要件が異なるため、使用目的に応じた塗料選びが求められます。

環境に合わせた塗料の選定は、外壁塗装の耐久性と美観の維持に大きな影響を与えます。専門業者や塗料販売店との相談を通じて、建物の環境や目的に最適な塗料を選びましょう。適切な塗料の選択によって、建物の外観を保ちつつ、長期にわたって耐久性を確保することができます。

耐久性のある塗料

外壁塗装には、耐久性のある塗料を選ぶことが重要です。耐久性のある塗料を使用することで、外壁の劣化や色あせを抑え、建物の美観と耐久性を長期間にわたって保つことができます。

耐久性のある塗料は、さまざまな要素に対して優れた効果を発揮します。まず、耐候性が高い塗料は、日光や雨水、風などの外部要因による劣化を防ぎます。紫外線や気候変化などによる塗膜の劣化や色あせを最小限に抑え、建物の美観を維持することができます。

また、耐汚染性がある塗料は、大気中の汚染物質や異物の付着を抑制します。これにより、建物が黒ずむことや汚れが蓄積することを防ぎます。耐汚染性が高い塗料は、美観を長期間にわたって保つだけでなく、メンテナンスやクリーニングの頻度を減らすこともできます。

さらに、耐久性のある塗料は、耐久力や強度に優れています。塗膜の剥離やひび割れ、劣化による塗装の効果低下を最小限に抑えることができます。建物の外壁が強固な状態を保つことで、耐震性や防音性といった建物の機能維持にも寄与します。

耐久性のある塗料を選ぶ際には、塗料の性能を確認するだけでなく、施工後のアフターケアやメンテナンス体制についても重要です。施工業者が保証やアフターサービスを提供しているかどうかを確認し、長期的な安心感を得ることも大切です。

外壁塗装は建物の見た目だけでなく、耐久性と保護機能の維持にも大きな役割を果たします。耐久性のある塗料を選ぶことで、建物の美観を保ちつつ、建物の寿命を延ばすことができます。専門家や業者と相談し、最適な塗料を選ぶことで、外壁塗装の効果を最大限に引き出しましょう。

外壁塗装のコストについて

外壁塗装にはそれなりのコストがかかるため、その点について解説します。

塗料の種類と値段

外壁塗装には、さまざまな種類の塗料があります。塗料の種類や品質は、外壁塗装の耐久性や美観に直結します。また、塗料の値段には種類や性能によって差があります。

一般的な外壁塗装に使用される主な塗料としては、アクリル塗料、シリコン塗料、フッ素塗料などがあります。それぞれの塗料には特徴や優れた性能があり、使い方や塗装対象によって適した塗料を選ぶ必要があります。

アクリル塗料は、一般的な塗料の中でも比較的安価な部類に属します。耐久性や防水性に優れ、施工も比較的容易です。また、カラーバリエーションも豊富で、外壁の美観を重視しながら予算を抑えたい場合に適しています。

シリコン塗料は、高い耐候性と防水性が特徴です。耐候性に優れているため、太陽光や雨水、風などの自然環境にさらされる建物に適しています。ただし、アクリル塗料に比べると価格はやや高めですが、長期的に考えると経済的な選択となることもあります。

フッ素塗料は、最も耐久性が高い塗料の一つとして知られています。紫外線に強く、色あせや劣化が少ない上に、汚れもつきにくい特徴があります。しかし、その性能に比例して価格も高くなる傾向があります。フッ素塗料は、特に高級住宅や業務用建物など、品質や見た目にこだわる場合に選ばれることが多いです。

塗料の種類によって価格に差がありますが、外壁塗装の費用は他の要素(建物の規模、塗装面積、作業工程など)にも影響されます。塗料の値段だけでなく、業者の経験や技術、アフターサービスなども比較検討する必要があります。

外壁塗装を検討する際は、塗料の種類や性能、予算などを総合的に考慮しながら最適な選択をしましょう。建物に適した耐久性と美観を実現するために、専門家や塗料販売業者との相談を行い、適切な塗料を選ぶことが重要です。

工事費用

外壁塗装の工事費用は、塗料の種類や建物の規模、塗装面積、作業工程などによって異なります。建物の状態や仕様に応じて必要な工事費用を把握することは、予算の管理や工事のプランニングに重要です。

塗料の種類によっても工事費用は異なることがあります。一般的に、高い耐久性や特殊な性能を持つ塗料ほど価格が高くなる傾向があります。アクリル塗料やシリコン塗料は比較的安価な選択肢ですが、フッ素塗料は高価な傾向があります。

建物の規模や塗装面積は、工事費用に大きな影響を与えます。広い面積の外壁や複雑な形状を持つ建物の場合は、塗り替えにかかる時間や作業量が増えるため、それに応じて工事費用も高くなる傾向があります。

また、作業工程や施工方法によっても工事費用は変動します。下地処理や塗膜の重ね塗りなど、工程によって必要な作業時間や材料費が異なるためです。高品質な施工を求める場合は、手間や時間がかかる作業が必要となるため、それに伴って工事費用も上がることがあります。

工事費用を正確に把握するためには、複数の業者に見積もりを依頼することがおすすめです。見積もりを比較することで、適正な価格設定や内容の確認ができます。また、安価な業者だけでなく、信頼性や施工実績も考慮に入れることが重要です。工事費用だけでなく、アフターサービスや保証体制も含めて総合的に判断しましょう。

外壁塗装の工事費用は、建物の耐久性と美観を維持するためには欠かせない投資です。予算を確保し、専門業者に相談しながら、適切な工事費用と品質のバランスを見つけましょう。経済的な面だけでなく、長期的な視点で建物のメンテナンスを考えることが重要です。

外壁塗装のメリット

最後に、外壁塗装を行うメリットについて説明します。

建物の価値向上

外壁塗装を行うと、建物の価値が向上するメリットがあります。外壁塗装によって建物の美観が保たれ、外壁の劣化や色あせを防ぐことで、建物の魅力が増し、価値が向上します。

外壁が美しく保たれている建物は、まず第一印象が良くなります。美しい外観は周囲の人々に好印象を与え、建物の存在感や資産価値を高める効果があります。家を売却する際にも、美しくメンテナンスされた外壁は購買意欲を引き起こし、物件の魅力を高める要素となります。

また、外壁塗装によって建物の耐久性が向上します。劣化した外壁が修復され、外部からの悪影響から建物を守る防水機能が回復します。これにより、建物全体の寿命を延ばすことができます。耐久性のある外壁は、建物の価値を維持し、将来的な修繕費用を抑制する効果も期待できます。

さらに、定期的な外壁塗装は建物の健康状態を維持することにも繋がります。建物の外部からの被害や劣化を予防することで、内部の状態を健全に保ちます。カビや結露などの問題も防ぐことができます。健康的な建物環境は住み心地を向上させ、快適な生活をサポートします。

外壁塗装には建物の美観維持だけでなく、資産価値の向上や維持、健康な生活環境の確保といった大きなメリットがあります。適切なタイミングでの外壁塗装を行い、建物の魅力と価値を保つことが重要です。専門業者に相談し、建物のニーズや目的に合わせた外壁塗装を実施しましょう。

修繕費用の削減

定期的な外壁塗装によって、建物の修繕費用を削減することができます。外壁塗装は、建物の劣化を予防し、長期的なメンテナンスを可能にする効果があります。

外壁の劣化が進行すると、建物の修繕費用が増えるリスクが高まります。塗膜の剥がれやひび割れ、劣化による色あせなどが顕著になると、修繕が必要な状態に至ります。修繕には時間と労力、そして予期せぬ費用がかかることがあります。

しかし、定期的な外壁塗装によって劣化を抑えることで、修繕費用を削減することができます。外壁の塗装が適切に行われていると、外部からの悪影響や劣化が最小限に抑えられます。外壁の保護機能を維持し、建物全体の耐久性を高めることで、修繕費用が発生するまでの期間を延ばすことができます。

また、修繕費用の削減だけでなく、定期的な外壁塗装によって修繕の必要性自体を未然に防ぐこともできます。劣化した外壁が放置されると、建物全体の構造にも問題が生じる可能性があります。外壁塗装によって劣化を防ぎ、建物の健康状態を保つことで、修繕費用を抑えつつ建物の寿命を延ばすことができます。

定期的な外壁塗装による修繕費用の削減は、建物の経済的な側面だけでなく、保有する建物の価値や快適性、安全性を高める目的にも符合しています。建物の所有者は、外壁塗装の適切なタイミングを把握し、定期的なメンテナンスを行うことで、修繕費用の削減と建物の健康維持を実現しましょう。

まとめ

「外壁塗装を20年してない」状況からの脱出は必須です。セクションで学んだ事を実践しましょう。

定期的な塗装

建物の外壁塗装は定期的に行うことが重要です。定期的な塗装によって、建物の寿命や美観を保つことができます。一般的に、外壁塗装の適切な周期は10年から15年程度とされています。定期的な塗装によって建物の劣化を予防し、修繕費用を削減するだけでなく、建物の価値を維持することができます。建物の所有者は、塗装の状態や経過年数に注意し、定期的な塗装メンテナンスを行うことで、建物を長く美しく保つための対策を行いましょう。

適切な塗装方法と塗料選び

適切な塗装方法と塗料選びは、外壁塗装の品質や効果に大きく影響を与えます。塗装方法は、適切な下地処理や塗膜の厚さ、塗料の塗布方法などを含みます。また、塗料選びでは建物の環境、目的、予算などを考慮し、耐久性や美観に優れた塗料を選ぶことが重要です。適切な塗装方法と塗料選びによって、建物の寿命を延ばし、美しさを保つことができます。外壁塗装を行う際は、専門業者に相談することをおすすめし、建物のニーズに合わせた塗装プランを立てましょう。

株式会社市橋塗装
ロゴ
ただ色を塗るのではなく、下地処理にも徹底して取り組むことで建物の耐久性を川口市を中心に向上させております。このように、外壁塗装で外壁の美しさを保ちながら構造を補修し、寿命を延ばすことがスタッフの使命です。
株式会社市橋塗装

〒332-0001

埼玉県川口市朝日6-22-20

Contact us

お気軽にご相談ください。